+81.3.3222.5988

Japanese


SPORTS x IOT

SPORTS x IOT

SPORTS x IOT

Evidence-based Sports
Training/Coaching/Judgement

 

スポーツと科学技術の融合が体感できます!
スポーツの一瞬の現象をセンシングし、そのメカニズムや上達のコツを
数理で解明することができたらスポーツはもっと楽しくなるはずです。

来場登録はこちら

体験コーナー:

製品イメージ1 

「車イスマラソン」に挑戦!
センシングからはじまる車イスアスリート支援システム

(慶應義塾大学 スポーツ・アンド・ヘルスイノベーションコンソーシアム、JSR,ブリヂストン)

車いすマラソンをはじめとする車いす陸上競技種目で用いるグローブ開発をセンシングによって進めるプロジェクト

製品イメージ2 

あなたの歩行、計測します。
足圧センサーよる歩行計測とスポーツへの応用

(慶應義塾大学 スポーツ・アンド・ヘルスイノベーションコンソーシアム、NISSHA)

超薄型圧力センサを多数つなぎ合わせることで,数十mにもわたる距離で歩行を診断するシステム

 

展示コーナー:

カスケードハイスピードカメラシステム
(慶應義塾大学 仰木裕嗣研究室、ナノテック)

PoEで駆動する産業用高速度カメラが次々と駆動し何台もが連続して、バトンタッチしながら被写体を追いかけて撮影するシステム

無線骨伝導スピーカーゴーグル
(慶應義塾大学 仰木裕嗣研究室、ナノテック)

水泳用ゴーグルのレンズに埋め込まれた圧電素子が振動することで、視覚障害水泳選手にコーチが無線機で指示を出すことができる、選手支援システム

泳者接近検知装置
(慶應義塾大学 仰木裕嗣研究室、ナノテック)

コースロープ(レーンライン)ブイと同じ規格サイズで作られた水中カメラが水泳選手が壁に接近した時のみ、アラームを水上・水中に発する安全システム

スキージャンパー飛翔追跡装置
(慶應義塾大学 仰木裕嗣研究室、ナノテック)

2次元LiDARを空中に照射することでスキージャンプ選手の空中飛翔軌跡をリアルタイムでトラッキングできるシステム

飲む体温計
(東北大学 中村力研究室、慶應義塾大学 仰木裕嗣研究室)

安全で安い錠剤サイズの「飲む体温計」を開発。ボタン電池を用いずに、胃酸発電エネルギーをデバイス内に蓄えて動作するので安全。これを用いれば,真の基礎体温や深部体温,体内時計を,日常的かつ正確に測定できるようになる。

呼気アセトン用バイオセンサ
(東京医科歯科大学 センサ医工学分野)

有酸素運動時には脂肪代謝に伴い呼気アセトン濃度が著しく増加。本センサは酵素の触媒反応を利用したガスセンサで、高感度(ppb~ppm)・高選択性、且つ湿度の影響を受けずに、呼気のアセトン計測が可能。

BLE無線機能付きマウスピース型センサ
(東京医科歯科大学 センサ医工学分野)

歯科医療用のマウスピース技術を用い、センサ・測定回路・Bluetooth 4.0LE・バッテリを熱溶着シールした審美性に優れたマウスピース型センサで、口腔温や咬合力の無線計測が可能。

無線車イス駆動力センサ
(東京工業大学 宮崎祐介研究室)

選手個人の陸上競技用車いす(レーサー)に取り付けられる駆動力計測用無線型センサーホイール。本システムでは車いすを漕いだ際の駆動力とそれ以外の無駄な力を計測することにより、漕ぎの効率を数値化し,選手のスキル向上に役立てることができる。

筋疲労計
(中京大学 渡邊航平研究室)

筋疲労にともなって、筋線維上を走行する筋活動電位の伝導速度が低下する。本発明は、電気刺激で誘発された筋電波形を、多チャンネル表面筋電図法を用いて記録することで、この現象を計測し、筋疲労を定量評価するシステム。

非侵襲乳酸測定装置
(グレースイメージング)

皮膚表面の汗によって運動中に生成される血中乳酸濃度を推定するシステム

ECGセンシングウェア
(AiQ Smart Clothing)

ステンレスナノファイバーを使ったECG(心電図)センシング

モーションキャプチャーウェア
(AiQ Smart Clothing)

ステンレスナノファイバーを使った全身モーションキャプチャシステム

IMUによるヒトの姿勢計測・推定への応用
(ロジカルプロダクト)

IMUデータによるセンシングデータから、高精度にヒトの姿勢を推定する。

3次元リアルタイムモーション計測システム
(ノビテック、慶應義塾大学 仰木裕嗣研究室)

高精度で3次元座標を取得し、解析するシステム

デモンストレーションタイムスケジュール:


 

12月12日(水)

12月13日(木) 12月14日(金)
11:00〜 「車イスマラソン」に挑戦!
センシングからはじまる車イスアスリート支援システム
12:00〜 ECGセンシングウェア・モーションキャプチャーウェア
(AiQ Smart Clothing)
「車イスマラソン」に挑戦!
センシングからはじまる車イスアスリート支援システム
13:00〜 「車イスマラソン」に挑戦!
センシングからはじまる車イスアスリート支援システム
ECGセンシングウェア・モーションキャプチャーウェア
(AiQ Smart Clothing)
14:00〜 ECGセンシングウェア・モーションキャプチャーウェア
(AiQ Smart Clothing)
15:00〜 「車イスマラソン」に挑戦!
センシングからはじまる車イスアスリート支援システム
ECGセンシングウェア・モーションキャプチャーウェア
(AiQ Smart Clothing)
16:00〜 ECGセンシングウェア・モーションキャプチャーウェア
(AiQ Smart Clothing)

監修

慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 教授
スポーツ・ダイナミクス・インフォマティクス・ラボ 代表 仰木 裕嗣

 

フロアマップ

東3ホール SMART Applications ゾーン

小間番号 3651

詳細の小間位置はこちら

パースイメージ 

 

会場図

お申込み〜当日の聴講までの流れ 

来場登録をする

受付サイトにて来場登録手続きをしてください。セミナーの聴講を希望する場合は希望するセミナーにチェックを入れ、お申込みください。

入場バッジを印刷

申込みが完了すると、申込確認メールが届きます。そのメールに記載されている入場バッジのリンクをクリック・印刷し、ご持参ください。

当日、入場バッジを持参しご来場

セミナーの事前登録は、席を確保するものではありません。お早めにお越しください。

来場登録はこちら

 

エレクトロニクスのサプライチェーンをコネクトする
SMART Applications ゾーン

来場登録受付中

マジックが起きる。SMART Applications zone

 


お問い合わせ

SEMICON Japan 2018 運営事務局(サクラインターナショナル(株)内)
Tel : 050-5804-1281
電話受付時間:平日9:30~17:30(12:00~13:00を除く)
Email : semicon@sakurain.co.jp

Share page with AddThis